いつか迎える、その大切なときのために。

about

子供ができることの尊さを改めて伝える。

いかにしてコンドームの着用率を上げるか。我々はこの課題に対して、これまで様々な手法を試みてきたが、今回は原点に立ち返って検討を進めた。そして、子供ができること、その尊さをシンプルに訴求することが若者に対して伝わりやすいのではないかという仮説を立てた。

how

喜びのリアルな表情を切り取る

日常的にSNSに接する若者らに対しこのメッセージをきちんと伝えるには、子供ができたと伝えられ喜ぶ人の姿を、ありのまま切り取ることがリアリティを持ってメッセージを伝えられると考えた。

いつか迎える、その大切なときのために。

オカモトが目指すのは、すべての“できた”が笑顔になる世界。子供が出来たと知らされる瞬間は、誰にとっても喜ばしい瞬間であってほしいから。すべての、愛し合う人たちのそばに。