LOADING

RESEARCH DATA

調

(コンドーム着用率向上委員会調べ)

RESEARCH DATA

データ元:「コンドームの着用に関する意識調査」(コンドーム着用率向上委員会調べ) 調査時期:2015年11月25日~27日 調査対象:日本全国に在住の18~29歳の男女でパートナーと同棲をしていない人かつ、過去1年間、妊娠活動以外で性交渉の経験がある人 調査方法:インターネットリサーチ サンプル数:400サンプル

例えば、妊娠や性病のリスクを考える必要がない場合、あなたはコンドームを着用すると思いますか?(1つ選択)

「本当はコンドームを着けたくない」と思ってる人が過半数。「絶対に着ける」と回答した人は36%。隔たり感のないコンドームと出会ってからもう1度聞いてみたいところだ。

前問で「つけない」もしくは「時と場合によってはつけないかもしれない」と答えた方にお伺いします。その理由を教えてください。(複数選択可)

「着けない方が自分が感じやすいから」「着けない方が相手が感じやすいから」が上位に。コンドームをつけることによる隔たり感がコンドームの着用率を下げているのかもしれない。密着感のあるコンドームが求められている。

過去1年間、妊活以外でコンドームなしで性交渉をしたことがありますか。(1つ選択)

回答者の過半数が、過去1年以内にコンドームなしのセックスを経験している。さらにパートナー以外との経験がある人は15%に。この国には、隔たり感のないコンドームが求められている。

前問で「パートナーとはある」「パートナー以外とでもある」とお答えの方にお伺いします。その時の気持ちを教えてください。(1つ選択)

6割以上の人が「非常に不安があった」「やや不安があった」と答えている。恋人を抱く時に、不安も抱いている。そんなセックスに「愛情」はあるのだろうか?

薄いコンドームと厚いコンドーム、どちらが魅力的ですか?(1つ選択)

相手のぬくもりが感じられることが重要視されているようだ。「違和感がないから」「感触が伝わりやすいから」など、薄くなるほど、愛情は濃くなると思われているようだ。

コンドームのどこが薄いと嬉しいですか?(1つ選択)

「先端」を選んだ人が多く、根元よりも先端部が薄いものが好まれている。最先端の技術で、理想を叶えるコンドームをつくらなくてはならない。

日本産のコンドームと外国産のコンドーム、どちらが安心ですか?(1つ選択)

回答者の100%が「日本産」を選択している。コンドームを産地で選ぶ時代が来ているのかもしれない。

興味のある映像を教えてください。(複数選択可)

男性の第1位は「恐竜の交尾映像」でした。誰も見たことがないのですから、お気持ちはわかります。

普段能動的に接触しているコンテンツを教えてください。(複数選択可)

YouTubeが、テレビよりも高いという結果に。いずれにせよ、映像は強いコンテンツです。

あなたは普段、コンドームを携帯していますか?(1つ選択)

「常には携帯していない」と答えた人が65.2%。「常に携帯している」、「ここぞという日は携帯している」と答えた人は合計32.8%にとどまった。最適なコンドームの持ち運び方法が求められている。

相手とのファーストベットインの時、あなたは性交渉の直前に、どこからコンドームを取り出しますか?(1つ選択)

「特に決まっていない」と答えた人が最も多く、54%。初めてのベッドインには緊張が伴うのかもしれない。「かばんの中」派が20%、「財布の中」派が9%という結果になった。

コンドームを取りに行ってから、装着、挿入するまでの理想の時間を教えてください。(数値入力)

最も多かった回答が10〜19秒。全体の回答を平均すると、理想の時間は28秒となった。

実際にはどの程度時間がかかっているか教えてください。(数値入力)

平均時間は47秒。全体の33.8%が装着から挿入までに60秒以上かかっているようだ。理想の時間と差があることから、よりスムーズに装着したいというインサイトがあることが分かる。

過去を含め、コンドームを装着するタイミングで気まずいと思ったことはありますか?(1つ選択)

気まずいと感じている男性が過半数の52%。11%の男性が毎回気まずいと感じている。コンドーム装着時のコミュニケーションには改善の余地がありそうだ。

男性がコンドームを装着しているときに感じたことがある気持ちを教えてください。(複数選択可)

「スマートに着けてくれると嬉しい」という回答がもっとも多く67%。装着を待つ間手持ち無沙汰になることを気にする声も多い。コンドームのスムーズな装着が望まれている。

コンドーム着用率向上委員会について LOVERS研究所の設立、運用に携わる関係メンバー有志によるコンドーム着用率を向上させるために様々な調査を行う団体です。